コンプライアンス・危機管理態勢

当協会は、公的使命と社会的責任を果たし、社会からの揺るぎない信頼の確立を図るため、コンプライアンス・危機管理態勢の強化に役職員一丸となって、積極的に取り組んでいます。

これを実践していくために、基本方針として「信用保証協会倫理憲章」を制定し、役職員の行動指針として「行動規範」を策定しています。

コンプライアンス・危機管理態勢を徹底するため、必要に応じて対策本部を設置し、解決までの全ての任にあたるとともに、統括部署を定め、コンプライアンスマニュアルに基づく指導や研修・啓蒙活動を行っています。

また、各部署には総括担当者を配置し、実施状況を監視することで問題の早期発見に努めています。更に顧問弁護士とも連携を強化するなど、きめ細かい実践体制を整えています。

信用保証協会倫理憲章

信用保証協会の公共性と社会的責任

信用保証協会の公共性と社会的責任の重みを常に認識し、健全な業務運営を通じて信頼の確立を図ります。

質の高い信用保証サービス

経営の効率化に努め、創意と工夫を活かした質の高い信用保証サービスの提供を通じて、地域経済の発展に貢献します。

法令やルールの厳格な遵守

あらゆる法令やルールを厳格に遵守し、社会的規範にもとることのない誠実かつ公正な事業活動を遂行します。

反社会的勢力との対決

市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは、断固として対決します。

地域社会に対する貢献

広く住民とのコミュニケーションを図りながら地域社会への貢献に努めます。

役職員の具体的行動規範

当協会では、信用保証協会役職員として、常に法令や良識に基づいた業務遂行のため、守らなければならない行動指針として、以下の事項につき「行動規範」を定め、実践しています。

  1. 法令・ルール等の遵守
  2. 誠実な職務の遂行
  3. 守秘義務等の履行
  4. 職務上の地位と関係者とのつきあい
  5. 危機管理関連事項への対応
  6. 反社会的勢力(不当要求行為)との対決
  7. 外部からの苦情・トラブルへの対応
  8. 職場秩序の維持
  9. 違反行為の報告
  10. 懲罰

コンプライアンス・危機管理体制図

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

Adobe Reader

お持ちでない方は、左のバナーをクリックしてAdobeホームページでダウンロードすることができます。 ご利用の前にAdobe Readerに添付されている文書をよくお読みください。

※AcrobatおよびAcrobatロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。