信用保証料の概要

信用保証料とは

信用保証料は、信用保証協会が中小企業者の皆さまの委託に基づいて保証を行う対価としてお支払いいただく信用保証制度独自のもので、金利や手数料とは性格の異なるものです。 いただいた信用保証料は、万一の代位弁済金、信用保険料(信用保証協会が保証した債務を保険引き受けする日本政策金融公庫に対して支払う保険料)、経費など、信用保証制度を健全に運営する上で必要な費用に充てられています。
なお、信用保証料は、原則として中小企業者の皆さまが金融機関から融資を受ける際に、金融機関を通じて信用保証協会へお支払いいただきます。

信用保証料率の体系について

信用保証料を計算する際に使用する信用保証料率は、お客さまの経営状況等を踏まえた9区分となっており、お客さまの決算内容等を評価し、 料率区分を決定する仕組みとなっております。(貸借対照表を作成していないお客さま等については、保証料率区分5が適用されます。)
信用保証料率は保証制度毎に異なっておりますが、特に埼玉県制度融資、市町村制度融資等につきましては、 政策的な見地から全体的に引き下げた料率体系を採っております。

基本ケースによる信用保証料率

(%)

区分 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9)
責任共有対象制度 1.90 1.75 1.55 1.35 1.15 1.00 0.80 0.60 0.45
責任共有対象外制度 2.20 2.00 1.80 1.60 1.35 1.10 0.90 0.70 0.50

注)セーフティネット保証や流動資産担保融資保証などの特別な保証は、政策的に配慮された一律の信用保証料率が適用されます。

主な制度毎の信用保証料率の詳細については、信用保証料率一覧表をご参照ください。

信用保証料の負担軽減措置

埼玉県信用保証協会では、中小企業者の皆さまの保証料負担をできるだけ緩和するため、様々な負担軽減措置を図っています。

信用保証料率の割引措置(一部の保証制度を除く)

  • 不動産等担保の提供をいただいた場合、信用保証料率を0.1%(埼玉県制度融資、市町村制度融資の場合0.03%)割引します。
  • 会社法に基づく「会計参与」を設置している会社については、信用保証料率を0.1%割引します。

埼玉県制度融資、市町村制度融資における信用保証料率の優遇

埼玉県制度融資、市町村制度融資については、一部の制度を除き、政策的な見地から引き下げた料率体系を導入しています(料率体系は、各制度により異なります)。

信用保証料の分割支払

信用保証料は原則として一括支払としていますが、保証期間が2年を超えるものでご希望がある場合は、信用保証料を分割して支払うことができます。

※一括支払、分割支払とも、お支払いいただく信用保証料の総額は変わりません。

その他

約定期限前に保証付融資が完済された場合など、信用保証料の一部を返戻することがあります。
返戻の対象となるお客さまへ、信用保証協会から「保証料返戻口座確認書」を発送しますので、必要事項(振込先金融機関名、預金口座番号等)をご記入のうえ、返送をお願いします。

なお、確認書によりご回答いただいた場合でも、お客さまの返済状況(返済の遅れ、保証料の未払等)等により、返戻できないことがあります。

※完済処理に伴って計算される返戻保証料額が1,000円以下の場合、返戻対象外となります。

※借換保証により、信用保証料の返戻と新規保証の信用保証料が同時に発生する時に、お客さまのご希望により差引き計算をすることもできます。