「彩の国だより」クイズの答えについて

埼玉県信用保証協会のホームページへアクセスいただき、ありがとうございます。こちらのページでは、埼玉県広報紙「彩の国だより」に掲載したクイズの答えについて解説させていただきます。

問題

埼玉県信用保証協会が行っている中小企業者支援として間違いが1つあります。それはどれでしょう?

A.事業資金の借入れを保証人としてサポート!

B.経営課題解決のため専門家を無料で派遣!

C.起業したい方への無料相談窓口設置!

D.社長の住宅ローンを保証人としてサポート!

A.事業資金の借入れを保証人としてサポート!

埼玉県信用保証協会は、中小企業者が金融機関から事業資金を借り入れる際、公的な保証人になることで、中小企業者が円滑に資金調達できるようサポートしています。

信用保証制度のしくみ図 信用保証制度について

B.経営課題解決のため専門家を無料で派遣!

埼玉県信用保証協会では、保証をご利用中のお客さまに専門的知識と経験を有する専門家を派遣し、経営課題解決や目標実現のお手伝いをしています。専門家派遣は、最大で11回まで無料です。

信用保証制度のしくみ図 当協会の相談業務と経営支援

C.起業したい方への無料相談窓口設置!

埼玉県信用保証協会では、起業したい方を全力でサポートしています。起業の際にご不明な点等ございましたら、お気軽に当協会の「金融よろず相談窓口」までご相談ください。ご利用はもちろん無料です。また、女性の創業に関する相談は、「女性専用創業相談窓口」で専任の女性担当者が承っています。

当協会の相談業務と経営支援

D.社長の住宅ローンを保証人としてサポート!

埼玉県信用保証協会が保証を行うのは、中小企業が事業性の資金を調達する際になります。そのため、社長個人の住宅ローンについては保証を行っておりません。

ということで、間違いは「D.社長の住宅ローンを保証人としてサポート!」でした!

アクセスいただき、ありがとうございました。

埼玉県信用保証協会は、「中小企業の総合支援機関」として中小企業者を全力でサポートしています。お困りのことやご不明な点がございましたら、当協会の窓口までお気軽にお問い合わせください。

窓口のご案内

※掲載内容は平成29年2月1日現在の支援内容になります。